お問い合わせ
多チャンネル
インターネット
電話
ケーブルスマホ
サポート

健康・福祉

各情報へのお問い合わせは、担当係・主催者・各事務局までお願いいたします。また、開催や募集の日時・期間等は詳細をご確認ください。

離乳食教室

健康課母子健康係
TEL:(63)2819
 
と き:7月19日(金)
    午後1時30分~3時30分
※身長体重を測ります。15分前にお越しください。
ところ:市民情報センター3階学習室4
内 容:離乳食の講話・試食
対 象:令和5年11・12月生まれの乳児と保護者
持ち物:母子健康手帳、生活の記録票、子どものスプーンと食事用エプロン、バスタオル
申 込:電話、または二次元コードからお申し込みください。(二次元コードは広報かぬまをご覧ください。)

熱中症に注意しましょう!!

健康課健康増進係 TEL:(63)8311

 熱中症は、室内や夜間、安静時でも多く発生しています。特に高齢者は、加齢とともに体の水分量が減少しているため、注意が必要です。しっかりと体調管理を行いましょう。
【熱中症の症状】
手足がつる、全身がだるい、めまい、吐き気、頭痛、頻脈、ふらつくなど
【予防対策】
●こまめに水分・塩分補給(スポーツドリンク等を常備)
●エアコン、扇風機で温度を調節
●室温をこまめに確認
●シャワーやタオルで体を冷やす
●暑いときは無理をしない
※熱中症の症状が改善しないときは、早めに医療機関を受診しましょう。

7月は「愛の血液助け合い運動」月間です!

健康課健康増進係 TEL:(63)8311

 輸血用血液は長期保存ができないため、年間を通じて安定的に確保することが必要です。
例年夏季は、長期休暇などにより献血への協力が得にくくなるため、7月1日~31日までの1カ月間にわたり、「愛の血液助け合い運動」を全国で展開します。この機会に献血のご協力をお願いします。

7月28日は世界(日本)肝炎デーです!!

健康課健康増進係 TEL:(63)8311
健康課市民健康係 TEL:(63)8312

 世界保健機関(WHO)は、2010年にウイルス性肝炎のまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消や感染予防の推進を図ることを目的として7月28日を「世界肝炎デー」と定めました。
日本でも「日本肝炎デー」と定め、肝炎の正しい知識・情報の理解促進を図っています。
 市では、過去に受けたことがない40歳以上の人を
対象に肝炎ウイルス検診を無料で実施しています。
 肝炎ウイルス検診で陽性の場合は、すぐに専門医
を受診しましょう。
早期に適切な治療を行うことで、肝硬変や肝がんへの悪化を予防することが可能です。

食中毒に気をつけましょう!!

健康課健康増進係 TEL:(63)8311

 食中毒は、その原因となる細菌やウイルスが食べ物に付着し、体内へ侵入することで発生します。重症化することもあるので注意が必要です。
【食中毒予防の原則】
・つけない…調理時や食べる前には手を洗う
・やっつける…食べ物はよく加熱し、調理器具もしっかり洗う。
+細菌の対策
・増やさない…食べ物は低温で保存し、なるべく早めに食べる

+ウイルスの対策
・持ち込まない…おう吐や下痢の症状がある場合は調理を行わない
・ひろげない…こまめな手洗いや定期的な消毒、清掃を心がける

酒害相談所開設のお知らせ

健康課市民健康係
TEL:(63)8312

 お酒のことで悩んでいませんか?ご本人のほかご家族の方も、ぜひお気軽にご相談ください。
と き:毎月第1水曜日 午後2時~4時
ところ:鹿沼市総合福祉センター(万町931-1)
対 象:お酒で悩んでいる人または家族
申 込:栃木県断酒ホトトギス会西部断酒会TEL:090(7013)9003(会長・小田部)へ電話で。

旧優生保護法による優生手術を受けた方への一時金

県旧優生保護法関係相談窓口
TEL:028(623)3064

受付時間:午前9時~午後5時(土日祝日、年末年始を除く)
ところ:宇都宮市塙田1-1-20栃木県庁本庁舎5階保健福祉部こども政策課(母子保健担当)内
対 象:次の①②いずれかに該当し生存している方
①昭和23年9月11日から平成8年9月25日までの間に、旧優生保護法に基づき優生手術を受けた方
②①のほか、同じ期間に生殖を不能にする手術または放射線の照射を受けた方
※母体保護のみの理由や、疾病の治療を目的とする等、優生思想に基づくものでないことが明らかな手術等を受けた方を除きます。
手続き:相談窓口へ直接または郵送で。
※請求書や添付書類(診断書・領収書)は、厚生労働省・県ホームページ、窓口にあります。
請求期限:平成31年4月24日から5年以内
一時金の金額:320万円(一律)

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)を
自費で接種した方への接種費用の助成

健康課健康増進係
TEL:(63)8311

 定期接種の機会を逃し、定期接種の対象年齢を過ぎて自費で接種した方に、その費用を原則として全額助成します。
助成対象者:以下の3つの条件を満たす方
・平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性
・令和4年4月1日時点で鹿沼市に住民登録があること
・定期接種の対象年齢を過ぎて、令和4年3月31日までに日本国内で子宮頸がん予防ワクチンの接種を受け、その費用を自費で払っていること
助成期間:9月1日~令和7年3月31日
※申請方法等、詳しくは市のホームページをご覧になるか健康課にお問い合わせください。

ドコモタイプC
auスマートバリュー
ウイルス対策
どこでもメール
NHK 団体一括支払
遠隔サポート
cablegate

SNSで鹿沼ケーブルテレビをシェア